HOME > ビューティーアドバイス~季節のお手入れ~ > スペシャルな保湿ケアとマッサージで、冬のくすみに負けない肌づくりを

ビューティーアドバイス~季節のお手入れ~

スペシャルな保湿ケアとマッサージで、冬のくすみに負けない肌づくりを

暦の上では春といいつつも、まだまだ厳しい寒さが続く2月。
長い冬のダメージが蓄積しているこの時期のお肌は、
くすんで暗い印象になりがちに。
いつものスキンケアにスペシャルな保湿ケアとマッサージを加え、
冬のくすみをケアしましょう。

冬のくすみ肌を引き起こす2つの原因

暗い印象を招いてしまう冬のくすみ肌の主な原因はこの2つ。

1. 湿度低下、水分不足からくるお肌の乾燥

潤ってキメが整っているお肌は表面がなめらかで、日光などの光を均一に反射するため、透明感があり明るい印象になります。しかし、乾燥しキメが乱れたお肌は表面が毛羽立ったようにガサガサになってしまうため、光が乱反射し顔全体が暗い印象に見えてしまいます。

2. 気温低下によるお肌の血行不良

気温の低下とともに肌の新陳代謝も低下し、からだのすみずみまで血液や栄養が行きわたりにくくなります。その結果、皮膚の代謝、すなわちターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。健康な肌であれば正常に生まれ変わって剥がれ落ちるはずの古い角質が残ってしまうため、お肌はどんよりと暗く、くすんで見えてしまうのです。

乾燥対策には、いつもの保湿ケアに美容液とマスクをプラス

一年で一番乾燥が厳しい冬だからこそ、特に気をつけて保湿ケアをする必要があります。
いつものスキンケアに、スペシャルケアとして化粧水が馴染みやすい肌環境へと導くアーティブースター<美容液>をプラスしたり、週に1~2回を目安にアーティクリーミーマスク<マスク>で集中的に潤い成分をチャージするのが良いでしょう。

血行不良によるくすみ対策には、乳液を使ったマッサージを

血行不良の改善には、アーティミルク<乳液>を使ったマッサージがおすすめ。
マッサージ効果で血行を良くするほか、乱れ毛穴もケアできます。

ただ、お肌をゴシゴシこするようにマッサージを行うと、摩擦が色素沈着を引き起こし、さらなる肌トラブルを招く場合も。必ずたっぷりの乳液を使用し、やさしく手指を肌に滑らせるようにマッサージしましょう。

詳しいマッサージ方法はこちらをご覧ください。

おすすめケア & アイテム

おすすめアイテム:アーティブースター<美容液>、アーティクリーミーマスク<マスク>、アーティミルク<乳液>

アーティブースターアーティクリーミーマスクをプラスしたスペシャルな保湿ケアと、アーティミルクを使用したマッサージを取り入れ、冬の手ごわいくすみ肌をケアしましょう。

【おすすめアイテム】
アーティブースター<美容液>
アーティクリーミーマスク<マスク>
アーティミルク<乳液>

この記事を読んだ人は、こんな商品を見ています

アーティブースター
<美容液>

角質層のすみずみまで潤いを届け、肌をやわらげる美容液。

4,000円(税抜) 通常価格

3,200円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

アーティクリーミーマスク
<マスク>

しっかりと保湿が感じられる、クリーミーな美容乳液マスク。

6,500円(税抜) 都度買いコース

5,200円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

クチコミで上位獲得アーティミルク
<乳液>

みずみずしい使い心地で肌へのなじみがよい乳液。

3,800円(税抜) 通常価格

3,040円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

ページの先頭へ