HOME > ビューティーアドバイス~季節のお手入れ~ > ゆらぎやすい春のお肌には、“与えすぎない”シンプルケアがキーワード

ビューティーアドバイス~季節のお手入れ~

ゆらぎやすい春のお肌には、“与えすぎない”シンプルケアがキーワード

春の日差しが心地よく、過ごしやすいこの季節。
でも、「この時期は、なんだかお肌の調子が良くない・・・」
ということはありませんか?
季節の変わり目には、お肌のトラブルを引き起こす原因がたくさん!
スキンケアの基本に立ち返ったケアで、
春の「ゆらぎ」に負けない肌づくりをしましょう。

春のゆらぎ肌、原因は「環境の変化」

春は気候が安定せず、暖かな日が続いた後、急に気温が下がり涼しくなる日が訪れるなど、気温の変化が激しい時期。さらには、紫外線量の増加や花粉の飛散など、お肌をとりまく環境の急激な変化にお肌も対応しきれず、不調がでてしまう原因となるのです。
春になって急にカサつきを感じたり、吹き出物ができたり、お肌がピリピリしたり・・・そんな不調を感じることはないでしょうか?

このような不安定な肌状態は「ゆらぎ肌」と呼ばれ、春や秋など、季節の変わり目に起きやすいといわれています。

ゆらぎ肌には、スペシャルなケアよりもシンプルなケアを。
不安定になっているお肌に、あれもこれも・・・といろいろな保湿アイテムを重ねると、お肌にさらに負担をかけてしまう恐れがあります。
スキンケアの基本に立ち返ったシンプルケアで、春のお肌をやさしくいたわってあげましょう。

【Step1 化粧水】

お肌の調子がイマイチと感じたときは、いつもよりも化粧水を多めに使い、念入りに保湿ケアを行いましょう。500円玉大の量の化粧水を手に取り、両手のひらで人肌にあたためてから肌になじませます。それを2~3回繰り返し、角質層のすみずみまで潤いを届けます。

【Step2 乳液】

春~夏にかけての暖かい時期は、「ベタつきが気になるから・・・」と、洗顔後は化粧水だけで済ませてしまう、という方も多いのですが、気温や湿度の変化が多い春は、お肌の潤いバランスが崩れやすい季節。化粧水で水分を補った後は、必ず乳液で油分を補い、お肌の潤いバランスを整えましょう。

おすすめケア & アイテム

おすすめアイテム:アーティローション<化粧水>、アーティミルク<乳液>

春のゆらぎ肌には、スペシャルなケアよりもシンプルなケアを。アーティローションアーティミルクを使った基本の保湿でお肌をいたわり、不調に負けない肌づくりをしましょう。

【おすすめアイテム】
アーティローション<化粧水>
アーティミルク<乳液>

この記事を読んだ人は、こんな商品を見ています

アーティローション
<化粧水>

ナノカプセル処方により肌の角質層に素早く浸透する化粧水。

4,700円(税抜) 通常価格

3,760円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

クチコミで上位獲得アーティミルク
<乳液>

みずみずしい使い心地で肌へのなじみがよい乳液。

3,800円(税抜) 通常価格

3,040円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

アーティブースター
<美容液>

角質層のすみずみまで潤いを届け、肌をやわらげる美容液。

4,000円(税抜) 通常価格

3,200円(税抜) 定期便コース

詳しくはこちら

ページの先頭へ